2008年06月14日

Saturday TomoBiz Article (finals)

tokuyamabanner.gif

where amazing happens
--NBA league-wide campaign tagline

NBA ファイナルが大詰めを迎えています。
今年は東西王者の対戦となり、接戦が予想されていたのですが、ボストンが3勝1敗とすでに王手をかけている状況。

ここはスポーツ。まだ結果はわかりません。もしかしたらLAが残り3戦を全勝するかもしれないので、まだまだ見逃せない試合が続きます。

今回のファイナルのマッチアップはビジネスの観点からは最高のマッチアップなんです。ボストンもLAもともに大都市であり、またスポーツシティーとしても有名です。

特にボストンはレッドソックス(MLB)・パトリオッツ(NFL)が近年大躍進をしているので、セルティクスへの今年のファイナルへの期待度は半端じゃない。

また、LAには現在最も優れた選手と表されるKobe Bryantがいるので、バスケットボールファンにとっては見逃せないマッチアップという感じになっている。

試合を放送するABCのCMセールスの担当者が、「好きなチームはどちらですか?」という質問に、「my favorite team is Nielsen (視聴率調査会社)」と答えた。もちろん冗談だろうけど、今年のファイナルはかなりの視聴率が見込まれているんです。

最大で7戦あるファイナルであるが、30秒のCMスポットが4千万円以上で販売せれているというのだからすごい。またほぼ完売している様子。

日曜日の第五戦、LAの巻き返しを願っているのは、LAファンだけではない。今後ファイナルが終盤に向かうにつれ、注目度は更にアップする。つまり商品である試合の価値が上がるってことです。NBAもNBAをサポートしている企業も、LAの巻き返しを期待しているのである。

posted by tokuyama at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Tokuyama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。