2008年01月28日

エクイップメントな金曜日

hasegawa.gif

 先週金曜日は、これまでのエクイップメントマネージメントを振り返り、そして伝える、また、これからのエクイップメントマネージメントについて考えていく貴重な時間をもらった。

まずは、日中、昨年に引き続き、研修の一環で東京に来ているJAPANサッカーカレッジのサッカービジネス科1年生の皆さんを対象に「エクイップメントマネージャーについて」をテーマに約1時間ほどの講義のお時間をいただいた。サッカー

以前のブログでも、同様の講義をさせていただいた昨年のことを書いたが、研修の目的となっているのは「広くスポーツに視野を向けること」

その為、毎年恒例となっている東京での研修は、サッカーだけではなく、様々なスポーツ、または分野で働くスポーツ業界の人から話を聞いたり、施設やチームなどを訪れているということだ。

現在、自分も様々な角度からスポーツに携わる仕事をさせていただいているが、その実体験があるから、この研修の主旨に賛同し、今回もサッカービジネスを志す学生の皆さんに下記の内容でお話をさせてもらった。

1時間弱の間に、
■エクイップメントマネージャーとは
■エクイップメントマネージャーの仕事
■日本での現状(アメリカのスポーツ事情との関連)
■日本でのエクイップメントマネージャーの可能性
などについて講義させていただいた。

途中、アメリカのカレッジフットボールやアリーナフットボールのビデオなどを見てもらいながらスポーツ環境の違いという視点から見たエキップメントマネージャーの必要性や、また、実際にフットボールのヘルメットやショルダーパッドに触れてもらい、安全管理などエクイップメントマネージメントにも幅広い役割があることを知ってもらえるように試みたが、皆さんどうでしたか?

講義後も時間の許す限り、個別に学生の皆さんとお話をさせていただいた。

将来の希望はチームのフロント、スポーツ施設管理、スポーツアパレルに携わること等々。。。
また、今回のお話をきっかけにあらためてサッカーのホペイロに興味を持った学生。。。
特に、今回は女性の中にもホペイロに興味をもっていたという学生もいて、自分も講義の中で「アメリカには実際に女性エクイップメントマネージャーも多い」と話したのだが、日本にも将来、可能性があるなと感じた。

各々、今ある環境の中で勉強をしながら、将来の道を模索している。
そんな皆さんの前で何かを「伝える」という役目をさせていただいたことは本当に自分にとっても素晴らしい研修だった。

そして、夜は仕事後、以前、このブログにもコメントをいただき、エクイップメントマネージャーに関心があったという方とお会いした。

お会いした方は高校、大学、そして社会人になってからもフットボールのチームでマネージャーをしているということで、エクイップメントの面からも自分で色々見聞きをして、携わるチームにより一層貢献したいとの思いをもっていた。

そのような思いに自分の知っていることや経験してきたことをお話することで、どれだけ答えることができたかはわからないが、自分自身、このような「思い」を持つ人達ともにこれからどのようなことができるのだろうか、考えるだけでワクワクするような気持ちをもらった。

今、学びながらスポーツに携わる道を模索する人。

仕事との両立を目標に掲げ、なおかつマネージャーとしての目標も持ちチームに貢献することを考えて活動している人。

こんな人達と「エクイップメント」というキーワードを通じて、お会いでき、自分も刺激を受けないわけがない。

金曜日は素晴らしい「エクイップメントな日」でした。

*JAPANサッカーカレッジの学生の皆様、スタッフの皆様
昨年に引き続き、このような貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。
それぞれの目指すフィールドでお互いに頑張りましょう!
この場をかりて御礼申し上げます。

*ご紹介したエキップメントコミュニティはこちらです。
興味のある方はのぞいてみてください!
gooコミュニティ「エクイップメント学会(仮称)」
posted by hasegawa at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Hasegawa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。