2008年02月28日

聴講

hasegawa.gif

間が空いてしまったが、前回の「読書」に続き、今回は「聴講」。耳

ほぼ2週間前のこと、東京マラソンが行われる前日、新宿の京王プラザホテルで行われた日本集中治療医学会学術集会が主催する市民公開講座を聴講してきた。

同講座は、スポーツ場面における救急医療の現状と救命方法について、前回の東京マラソン2007の事例を絡めながらAEDの正しい知識を知るという内容。

その講義のひとこまにあったのが「心臓震とう」について。
この問題の第一人者ともいうべき埼玉医科大学の輿水先生のお話で、実際にスポーツの現場で起こった症例、その時の対処法、現場でのAEDと胸部保護パッドの必要性などを聴くにつれ、スポーツにおける安全性というテーマについて考えさせられた。

以前、このブログでも「心臓震とう」や「チェストパッドシャツ」について取り上げたこともある。

また、草の根レベルでトレーナーの立場からスポーツ現場ですぐに使える緊急対応、傷害や事故の予防、環境整備などについて無料で講習会を展開している「スポーツセーフティジャパン」の活動を紹介したこともあるが、エクイップメント環境の面からもやはりその安全性に対する
意識、その啓蒙が必要だということをあらためて感じる。

現在は、怪我予防や再発予防に役立つ用具の紹介やまさに「心臓震とう」にも関わるチェストパッドシャツを紹介しているが、まず、自分自身が、エクイップメントに関わるものとして責任感をもって仕事をせねば。

また、今後、エクイップメントコミュニティの方でも、活動の指針の一つとして、「スポーツの現場での安全」という観点から、前述のスポーツセーフティジャパンやスポーツ医科学関係者の方々、そして
現場をつなぐことが大きな柱になるということを考えた。

08-02-16_15-09.jpg
【AED 実演の模様】
posted by hasegawa at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Hasegawa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。