2008年03月01日

Saturday TomoBiz Article Vol.129(Idea)

tokuyamabanner.gif

You have no control over what the other guy does. You only have control over what you do.
--A J Kitt

ビジネススクール(MBAコース)にてゲストスピーカーの講義があると聞きつけ参加。

このゲストスピーカーは腕利きのマーケティングコンサルタントで、中小有力企業からの依頼を数多く受けているという人物。

彼の初めの言葉に心がとまった。
"Idea is a product!"

そうなんです。マーケティングとは「アイデア」なんです!

彼は、数多くのビジネスをコンサルタントと言う立場で関わっているのだが、2つの傾向を学んだという。

一つは、その組織のトップが自身の、又は、その組織の限界を認識し、自分たちのビジネスが成功する為に、あらゆるアイデアをあらゆる手段をもって模索する態度をもっていること。

一方は、組織のトップやその組織の中の風潮が、自分たちはすべてを知っていると思いこんでいて、非常にせまい範囲でしかアイデアを採用しないという態度をもっていること。

どちらの傾向が成功するかというと、彼曰く、明確です。もちろん一つめの傾向ですよね。

これだけ消費者のニーズが多様化している昨今、ビジネスの成功はそんなに容易いものではありません。しっかりニーズをキャッチし、そのニーズを満たせることのできるようなマーケティングのアイデアが必要になってくる。

彼曰く、依頼の受領後、成功のため色々と戦略を立てていく事になるのだけど、真っ先にすることは、依頼された商品のマーケットで時間を費やすことだそうです。

そして、そんな時間の中でアイデアを模索していく。
そして、そのアイデアは彼の商品となっていくんです。

IDEA IS A PRODUCT


posted by tokuyama at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Tokuyama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。