2008年04月19日

Saturday TomoBiz Article Vol.136 (Cowboys)

tokuyamabanner.gif

The man who has no imagination has no wings.
--Muhammad Ali

ヤンキースのホーム球場:「ヤンキースタジアム」の新球場が来シーズンに向け建設中です。1,000億円以上という総工費をかけた大プロジェクトなんです。

スポーツマーケティングの観点から考えれば、スタジアムのクオリティーはとても重要であり、それはたくさんの学術研究でも明らかになっていること。

日本のスポーツ施設はまだまだ後進と言わざるをえません。


近年、アメリカでの新建設のスタジアムのクオリティーの高さは、建設費から伺えます。プロスポーツのホーム施設となれば、500億円以上は当たり前の傾向となってきている。

ニューヤンキースタジアムと同様に、2009年シーズン向け、新スタジアムを建設中なのが、ダラス・カウボーイズ(NFL)。こちらも1,000億円以上の総工費をかけた大プロジェクト。

人気トップクラスのスポーツチームであるが、ヤンキースのケースにない話題がこの新スタジアムに集中している。

スタジアムの「ネーミングライツ」。

ヤンキースは現在の名称である「ヤンキースタジアム」の継続を発表している。

一方、カウボーイズの新スタジアムのはネーミングライツの販売の交渉が日々慌しく行われている様子。

トップクラスの人気チームということに加え、トップクオリティーのスタジアムになることから、ネーミングライツの価格は史上最高額となることは必死とされている。

ちなみにこれまでの最高額は31年間で310億円とされています。

今月中にも正式な契約の発表があるのでは、という報道がされているので、どの企業がどんな価格でネーミングライツを購入するか、非常に楽しみである。

posted by tokuyama at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Tokuyama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。