2008年04月30日

ロッカールームに欠かせないもの(余談)

hasegawa.gif

試合前のロッカールーム。

磨き上げたヘルメット、きれいに整えられたゲームユニフォーム、整然と並べられたスパイク、グローブetc...
エクイップメントマネージャーたちよって毎回、ゲーム前にがロッカールームのセットアップがおこなわれていく。

そんなゲーム前のロッカールームに用具や防具以外にも必ず準備をするものとして欠かせないものがあった。

「ガム」である。exclamation

防具、用具のセットアップが一通り終わると、最後に選手個々に割り当てられたロッカーに当日のゲームプログラムとともに2枚のガムを置いていくのだ。

「ジューシーフルーツ」「ミント」の2種類のガム。

初めてコロラド大学のエクイップメントルームに足を踏み入れた時、スポーツショップと見まがうほどの用具、防具の量に多さに只々、圧倒された。

そんな風景の中に最初は気づかなかったのだが、ゲーターレードのボトルが高く積み上げられた一角に、明らかにガムとわかるケースが置いてあることに気づいた。

しかも、大量に。。。

封の切られたケースからたまにエクイップメントマネージャーがガムを取り出し、噛んでいたので、誰かがもらってきたものを自由にとって噛んでいるのかと思っていたのだが、そうではなかった。

「大量のガム」がある謎を知ったのは、初めてコロラド大学でゲーム前のロッカールームのセットアップをした時。

先述のようにゲーム前には必ず、ロッカールームに選手用として用意する為だったのである。

それでは何故、ガムを用意するのか?

その効果の程は、定かではないが、ガムを噛んでリラッ〜クス、その
「リラックス効果」の為ということだった。

アリーナフットボールでエクイップメントマネージャーをしていた時にも、前任者が残していったゲーム前のロッカールームセットアップマニュアルに「2 Pieces of gum」と書いてあった。

また、NFL東京でアトランタ・ファルコンズのエクイップメントの手伝いをさせてもらった時にも、アメリカから運んできた用具、荷物の一画にガムがあった。
そして、このときは、2枚ではなく選手達がいつでも自由に持っていけるようにロッカールームの前にケースからばらしたガムを用意した。

野球をはじめ、スポーツを見ていると選手がガムを噛んでいるシーンをよく目にするのだが、ガムって実はスポーツシーンの裏側にはに欠かせないものだったりするのだ。

今回は、ロッカールームにまつわる余談でした。



posted by hasegawa at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Hasegawa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー!

なるほどね。
Posted by あさくら at 2008年05月01日 08:26
あさくらサン

コメントありがとうございます。

鹿のチームにもいかがですか?
Posted by hasegawa at 2008年05月01日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。